スクールのお知らせ
f0135123_20131485.jpg




写真は、西野川での佐藤成史さんのデモンストレーションの一こまです。

今週末には大阪のビギナーズ・マムさん主催の佐藤成史さんのスクールが石徹白の峠川C&R区間にて開催されます。大阪ビギマムさんは、ボクも2度しかお邪魔したことがありませんが(内一回は、前身のお店のころ)店長の本田さんはとても細やかな心使いをなさる方で、その温かさに惹かれたお客様が沢山いらっしゃいます。昨日現在で総勢10名様の参加者の皆様がいらっしゃるとのことでした。

佐藤成史さんには、毎年「石徹白Fisher’sHoliday」にはゲストでお越しいただいているに留まらず、旧在来系魚を殖やす会の斉藤さんたちの活動時からよきアドバイスをいただいています。今年はイベントの中止が決定して、僕自身、なんとなく寂しいなぁと思っていたところに、今回のスクールが決定して成史さんにもお会いできるということで、どん底からパラダイスへ気分が急上昇しています。

石徹白を舞台に、こういったスクールというのは数年前に、名古屋のショップさんが一度開かれたとお聞きしていますが、地元にお泊りして、、、という形は今回が初めての試みです。釣り仲間のネットワークから端を発して、今回石徹白をスクールの地としてビギマムさんに選んでいただけたことに、そして普段は地元の方たちに「地域の外から見た石徹白の素晴らしさがいかに評価が高いか」を中々知ってもらうキッカケが無かったのを、こういったスクールを関西からお越しいただけるという事で、少しでも判ってもらえたら、よりいっそう釣り人と地域の方との絆も深まるのでは??という期待感もあって石徹白フリークの釣り仲間達はみんな凄く嬉しいと口々にしていますし、感謝の気持ちで一杯だったりしています。

野生化し、且つハイプレッシャーな渓魚を前にした戦略など佐藤成史さんから学べるなんて、またとないチャンス、まだギリギリまで募集はしています!との事でしたのでこの機会にぜひ参加されてみてはいかがでしょう??
お問い合わせ先はコチラです


f0135123_20262223.jpg

続いて、翌週の6月2~3日には、名古屋で唯一の本物のエキスパート、岡田祐師さんのスクールも開催されます。

岡田さんにも、毎年の「石徹白Fisher’sHoliday」にはゲストとして参加していただいています。とても朗らかな人柄で、釣りや、タックルに関することを丁寧に質問に答えていただいて、私的にも感謝していたりします。

岡田さんっていうと、モダンスペイのイメージがどうしても先行しちゃいますが、ボクと岡田さんの出会いは結構古くて、その頃には渓流や、本流のマッチ・ザ・ハッチなどにも非常に造詣が深いことをボクは知っています!その豊富な経験から編み出される戦略を余すところなく今回はご披露くださるとのことでしたよ!

また、当日はメディアウエーブさんのサポートによる渓流魚の写真撮影のテクニックから、近頃主流のデジカメ写真のレタッチの方法などのレッスンも合わせて行われるとのことでした。せっかくの想い出に残る魚との出会いを、綺麗な写真として残すことには、きっと皆さんも興味があるのではないでしょうか?この機会に、そんなところも学んでみてはいかがでしょう??

岡田さんスクールの申し込みは、岡田さんご自身のブログ「岡田祐師のブログ」のほか、名古屋のタックルショップDUSKさんにて、受け付けています。

石徹白の6月は、C&R区間を軸に本流などもベストシーズンへ突入します。釣りと、自然と、心和む石徹白の地域をぜひ満喫ください!
[PR]
by native_and_wild | 2007-05-22 20:49 | フライフィッシングの話
<< Freedom 寒い雨の半日 >>