拙攻
f0135123_2050225.jpg






お出かけの翌日はキャンプ場から1時間ちょっとの移動で、「本流」とまでは
いかなくとも中規模程度の里川、辛うじて「渓」と呼ばずにすむ「川」へ入りました。

この辺り、長良川のモドリシラメとは遠く及ばないものの里の排水や温暖な気候で
育まれて大きくなったアマゴのライズが魅力です。
ただ、かつてはストマックポンプでアマゴの内容物を見てみてもこれといった情報を
活用できたわけでもなく、鍵となるハッチも何なのかさっぱり判らず終いでしたから
今回もその辺は全く未知。ライズフォームと、ライズ位置、すぐ上流の流れの状態、、、
こんなぐらいの状況から、どんなフライを結べばいいのか予測を立てての釣りです。
いわゆるマッチ・ザ・ハッチというよりはマッチ・ザ・XのXに何がはまるのかを探っていくような
感じです。ただし、外敵が沢山存在するような環境を生きてきた野生魚に、次々に
フライを見せては帰られ・・・なんてのは通用しません。ほぼ1ドリフト勝負になるので
ボクの技術ではちっとも上手くいかないのが現状でもあります。


最初の勝負は25センチほどのアマゴ。このサカナには30分ほど費やすことが
できました。もちろん、ライズを見つけた当初に比べてライズ間隔は空くし、定位位置も
沈みがちでした。最終的にはあろうことか合わせ切れ・・・・・。

しかし、この後さらなる不運がボクを襲います。

少し場所を移動するのに瀬をたたいていきました。ボク的にはこんなライズの釣りと
瀬の叩きあがりではティペットのシステムを全く違うものにしています。それはもう何年も
前からしてることなのでこれに慣れてしまっていまして・・・・と言い訳がましくも屁理屈(^^)

次のプールは度重なる増水でポイントの形状を変えてしまっていました。しかし、ここには
必ずサカナはついているはず・・・・とよ~く見ていると、なんとメインの筋ではなくサイド
チャネル部にあろうことか尺は優に超えるアマゴが水面ギリギリにフィーディングしています!
しかしながら、この流れはもうイヤってゆうぐらいヨレヨレにヨレまくっています。こんな流れで
1ドリフト勝負・・・・ハッキリ言って焦りまくり。
とりあえず、なるべく水面を捉えてくれるようにと#20のコカゲロウDDを結びました。
そして運命の1キャスト目のプレゼン時に上流からササ~~っと吹きぬけるいたずらな風。
ミニスカートの女子高生がいたら幸運をもたらしてくれたであろうその風がなんとも間の悪いことにティペットをあらぬ方向に着水して、フライも着水と同時にスケーティングを始めて
一部始終をアマゴの頭上で起こしてしまいました。しまった!ティペットが長いまんまだったがや!!!と後悔しても時既に遅し・・・・。

これで一気に定位している泳層を下げてしまいました。
しばらく間を置くためにおにぎりを頬張って待ちました。それでも若干浮き気味になってきた
ところで、今度は完全に水中勝負に出ました。ハーズイヤーの#16を鼻先に送り込んでやろうという作戦。しかし、今度は少し手前の流れにフライをキャストしてしまい、次の瞬間、下から
別のサカナが浮き上がってきてパクリ!反射的に合わせてしまった僕!
さらに、挙句のはてにそいつをネットイン寸前にバラシてしまい天を仰ぎました。

ついてないときには何をやってもこんな感じです・・・とほほ。
さらに待つこと30分、アマゴは再び、辛うじてフライをドリフトできそうな位置に定位を始めてくれました。次のドリフトで最後だな・・・と思いはしましたが、もはや自信は不安に変わっています。完全にその場の状況に呑まれてる僕。
ときおり左右に動いて何かを食べてはいます。チャンスはあり!と見ているのですが・・・。
こんなときは自分が一番信頼を置いているパターンで行こうと思い#20PTニンフ。
フライの通過に合わせてググ~ンと浮上、、、しかしUターン!
これで、サカナは完全にスプーク。まだ見えるところに定位はしていますが、そこはフライも
エサ釣りの長竿でも逆に邪魔になって食わせられないような場所。

流石に危険度の高いこんな流れで、ここまで育った狡猾なサカナはちゃんと安全な場所も
心得てるなぁ・・・と妙に関心しました。がっくりと肩を落として家族が待つ待ち合わせの場所へと
向かうのでありました。

f0135123_20501423.jpg

結局、ネットインできたライズはこんな感じの放流魚。ガガンボを流したら一発でした。
[PR]
by native_and_wild | 2007-04-16 21:20 | フライフィッシングの話
<< ガトーショコラ 中途半端な釣り・・・・その1 >>