オオクマ・エルモン・コカゲロウ・・・未だに頭の中を飛んでます
f0135123_19472953.jpg




今週は、1本もフライを巻いていません・・・・。先週の遠征の反省やら、後悔やら、、色々な思いで抜け殻にされちゃってますです。そんな折に江戸のゴリ松さんから、写真やら動画やらを頂きましたので、了承も得ずにアップさせていただきます(^^;ゴリ松さん、事後報告ですがどうぞお許しくださいね。

オオクマ・コカゲロウ・エルモン・・・・。思えば今年初めてメイフライを意識した釣りでした。しかもいきなりそこへカディスやら、ガガンボ、ユスリカ、、、、種々雑多なハッチと流下を意識する釣りのオンパレード。こちら中部のイトシロではまだまだオナシとユスリカ程度の繊細な釣りか、他の川のライズの釣りっていったって、せいぜい忌避トリガーを探し出すようなマッチ・ザ・ハッチのなれの果てのような釣りに終始させられてしまうような釣りしか(それはそれで、楽しいとも思いますが)僕は知りませんから、マッチ・ザ・ハッチを普通に楽しめる、毎年この遠征が刺激的でないはずがありません。


動画もゴリ松さんに頂きました。こういったシーンをよく演じているような・・・(^^;そういえば昨年、某ショップの釣行会で出かけたピヨピヨ源流でも、似たようにうなだれる僕をベースケガイジンが撮ってくれてましたね。
憬れのあの人のように、バシっと釣りたいなぁ・・・なんて。でも、この動画見てると、みんなの愛情あふれる野次やらプレッシャーやらで、こんなライズの釣りの楽しさがヒシヒシと伝わってきません??


f0135123_19484357.jpg

でも、たまには僕にも予想通りにビシっ!なんてこともあるんですね(^^;
このヤマメは、エルモンが出るといわれていた時刻、エルモンの割りにライズフォームがおとなしいというか小さいの食べてそうっぽい雰囲気だったので、Zariさんに尋ねたところ、先日もここではコカゲロウを食べていた、、、、とのこと。

ではでは、、、ってんでシロハラのDDを結んで4投目にモッコンという感じで食べてくれました。


f0135123_1949086.jpg

続いて時間帯はヤマメを釣った時から遡りお昼ごろ。
ここは、この川で僕が一番好きなポイントです。
f0135123_20193245.jpg

数年前にはこんなニジマスがこのプールの二つ上の小さな釜でフィーディングしていて、引きずり回された事もありましてやっぱりそんなポイントだけに様子が気になりチョイ寄りさせていただくと、いるじゃありませんか~~!!!

推定45センチ。虹鱒がクルージングしつつ、ある一点では必ずライズし、もう一点では約40秒ぐらい定位して水中の流下物(現代風に言うと”ドリフター”というのでしょうか?)をパクパクしてます。その一連の動きを読むまでも何度か投げてしまった僕。そんな愚かなミスも気にせず夢中になってくれてたニジマスのお陰です。


f0135123_19491010.jpg

思ったよりは小さかったけど、今シーズン一番スリリングなファイトをしでかしてくれました。#10ハーズイヤーニンフを使いましたが、何年ぶりかに使ったストマックポンプの内容物はオオクマのDDが中心でした。
でも、サカナの動きを読んで(読むまでに費やした時間を思うと大きな事はいえませんが)狙い通りにセットフックに持ち込めたのでラッキーでした。この後のうどんの美味かった事!

そんなこんなで、何度も何度もこういったシーンが脳裏をかすめる今週でしたが、木曜日になってしまいましたね。先週で「きらきら研修医」も終わっちゃったので、そろそろ次の釣行用のフライを巻くことにします。。。
[PR]
by native_and_wild | 2007-03-29 20:14 | フライフィッシングの話
<< 爆釣を呼べ!! 山梨珍道中 >>